英でEU離脱に投票した個人がくやんであるようだ

以前英の市民投票でEU別離に投票したそれぞれが多く、EU別離に決まったが、先々各国の市場で株価が下がり、ポンドの値打が下がるとのことで、EU別離に投票した人のなかで悔やんでいるそれぞれがいるようです。テレビジョンの情報でそのことを報じていました。
英のEU別離ということで、世界各地の商圏が混乱しているようですが、しばらくすると落ち着いてくるかもしれません。以前の起こったアメリカのサブプライムローンの倒産による不況は状況が異なると言っているそれぞれがいらっしゃる。いまひとつ2011年の様な混乱は起きないだろうとのことです。
現在は環境が実情容積になっていますので、1か国だけではやり方におえなくなってきています。また人々の揺れが活発になってきて1か国の市民だけではその国の環境がなりたたなくなってきているようです。
EU別離に投票したそれぞれは、移民の倍加を通じてセールスを無くなるという懸念や、過去の栄誉をひきずっているお婆さんが多いようです。残留に投票したそれぞれは青少年が多く、生まれた時からEUのメリットを通していたとのことです。
英に日本企業が大勢開設していますが、EU別離となると英にいるメリットがなくなるので、他の欧州の世界に本拠地を移そうかと考えている地があるそうです。またそのため英の環境が悪くなるのではないかと思います。またロンドンが世界的な金融機関の主役要素でなくなってくるかもしれません。
別離を投票して、EUに加入している要所のメリットを感じたのではないのでしょうか。アイフォン7をオンライン予約し表現お天道様に取得したニュース