相応しい配慮を頂き、嬉しかった毎日でした

私の会社には、男女ともにピンピンはたらくひとしかいません。

そういう面々の補佐的仕事や総務の仕事を一コツに引き受けているのがボクだ。
相当一大仕事も多いし、諸君どんどん仕事を言いつけてくるのでストレスの多いショップだ。
しかも働き手の昼飯会や親睦会など仕事の金額でお食事をするシーンなども、当然のようにボクが連絡番を言いつけられて、一度もそのメリットにあずかったことがありません。
仕事の結果がよくても、他の働き手の人類は昇給されたり、賞与が出たりするのに、ボクはいつまでもおんなじお給料。それなのにグングン恐怖を見なきゃいけない働き手だけが増えていって。。。後から入った初々しい夫人も、「総務はこの人がやるから、さんは喚起やってね」などといわれ、その後輩のお茶までボクが入れできる加工。
その後輩婦人のパーティーも、当然のように「連絡番期待ね」と言われ。
これは自社虐待なのかな?という下落もしましたが、返って手強い知り合いもなく、手軽かもしれないとイメージを変えてそれなりにやってきました。

そんなとき、とある父親働き手が採用してきました。明るくアクティブで優秀な父親で一気に働き手の人気ものになりました。
もちろんパーティーも何度も開かれていました。
ボクはただひたすら、そのパーティーの領収証を金額精算やるのみ。
「絶えず単独だけ加入させなくてごめんね」「たえず連絡番させてゴメンナサイね」「有難う」そんな台詞は誰からも言ってもらえないのは、いつものことなので気にしていませんでした。

但し、その新入働き手の父親だけは、翌日にコソコソボクにちっちゃなケーキとコーヒーを差し入れてくれたのです。
「きのうは連絡番や残務作製をしてくれていたおかげで、ボクはおかしい時を送れました。ささやかですが御礼だ。今度はぜひとも一緒に呑みましょう!」というツイートとともに。
ボクは感激して涙が出そうになりました。

特別ケーキをもらったことや、声をかけてもらったことがうれしかったわけではありません。
3通年、こういう仕事に正社員としてまじめに勤めてきていて、「おかげで」「有難う」なんて言われたことが1度もなかったので、そんな労いのツイートやお礼のツイートを言ってもらえたことや、付属に気づいてくれていたことがずいぶん嬉しかったのです。

その父親働き手が入ってきてから、自社も「有難う」「たすかったよ」などワンポイント見解をかける慣行がついてきました。
このようにその人の長所が、周りにいる人類にすごく効果をあたえることがあるのだなと実感しました。

私もこういう会社で「ボクなんて!」と思いいじけて働いていましたが、声をかけてくれたきめ細かい新入働き手様のように
私も近隣を明るくできるような人類でありたいというようになり、会釈や含み笑いを頑張っています。予約でiPhone7を手に入れる考え方